FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの頃の私へ ?憧れのジュノ?

近頃、最近のことよりも、昔のことばかり浮かんでくるようになりました。
うーん 私も年を取ったということなのかしらw
今日は私が初めてジュノへ来た時のお話を。

ヴァナ・ディールの中心都市と言われるジュノ。
かつては、多くの冒険者の憧れの場所であり、
私もその場所へ思いを馳せる冒険者の一人でした。

現在のジュノ

時期はFFがオープンした年の夏頃だったと思う。
当時私は、前キャラに不満を感じ
サポートジョブ目前というところでLV上げをストップし、
新たにSharaというキャラを作り、そのキャラで出直すことにしました。

しかし、クエストもミッションも、そしてLVも全て一から出直しとなり、
フレンドとの差は開くばかり・・・。

「早く さらもジュノにおいでよ!一緒にLV上げしよう^^」

フレ達にそう言われる度、苦い思いでいっぱいになったのを覚えている。

そんなある日、

「さら?!ジュノに行こっ!」

期待と戸惑い

砂丘でLV20近くまで上げたものの、相変わらずバスを拠点にサポ上げをしたり
クエストに没頭し、ジュノへ行く気配を見せない私に、フレAがそういった。

たぶん、これまでに「おいでよ」と言われたことは多々あっても、
「行こうよ」と言って手を差し伸べてくれた人はいなかったんじゃないかな。
みんな駆け出しの冒険者で、ジュノまで案内ができる程のLVも知識もなくて
インビジやスニークなどの魔法も未実装。
パウダーやオイルの存在は覚えていないが、とても買えるような余裕はなかったと思う。
それほどジュノへの道のりは険しく遠いものだったんだ。

「私が案内するから、LV1のジョブで行こうよ」

これが俗に言うジュノ特攻というやつでした。
LV1のジョブでジュノまで走るという命がけの試練。
レイズナーも少なかった時代のこと。
道中でうっかりHPの設定を忘れてしまった人は
志半ばでホームへ帰還・・・と、涙を飲んだ人も多かったんじゃないかな。

彼女はすでにジュノでの暮らしを初めていたのだけれど、私と同様に
一番高いジョブも20LVそこそこといった状況だったので
LV1のシーフに着替えて2人でバス商業区を後にした。

  南グスタベルグ→北グスタベルグ→コンシュタット高地→
  パシュハウ沼→ロランベリー耕地→ジュノ下層

というルートで、各エリアのガードの元でホームポイントの設定をする度に大喜びしたっけw
まだまだジュノは遠いのにねw

幸いなことに1度も敵に見つかることなく無事にたどり着いたのだけれど
ここからがまた冒険だった。
初めてのジュノの街は壮大で活気があって、本当にすごかった。
あまりに人が多すぎて、彼女の後姿を捜すのが大変だった。
ホームポイント、地図屋、チョコボ厩舎、競売を案内して貰い、
3000Gのクフィム島の地図に驚愕したものだった。(要塞、古墳も同様に3000G)
この値段は多くの新米冒険者を泣かせたことだろうと思うw


ここから数日の間、彼女とジュノで過ごす生活が始まった。

「LV20の白魔と赤魔の2人です。PT組んでLV上げしませんか?」

ジュノの港で元気よく叫ぶ。
そうだこの頃、彼女といつもシャウトでメンバーを集めていたんだっけ。
サーチ機能だってあった筈なんだけど、どうしてシャウトだったんだろう?
今ではもう思い出せないけど。

たくさんの人とジュノでPTを組んだけれど、この時期の思い出が
一番心に焼きついている。
明るく、優しく、リーダーシップを取る行動派の彼女がキラキラして見えて
すっごく憧れた。
人の後ばかりついていく性格はいまだに変わらないけど
今の私はあの頃から少しは成長できたかなw


ジュノ港へ来ると、いつもあの頃のことを思い出す。

「今日も頑張ろーね!」
「おー!」

元気よく掛け声をかけて、笑い合いながら
私達はクフィム島へと続く長い階段を駆け下りて行くんだ ――。

Aと私

***

トップ画像更新しました。

  【ほわっつ?ちょこれいと】 今頃ヴァレンティオン・・・。
  今更な感じがしますがアップせずに捨てるのも勿体ないので(´Д`;)ヾ
    
  ほわっつ?ちょこれいと

下げたものはいつもの如く、過去ページへ移動させてあります。
登場人物の倉庫ちゃん達については⇒コチラ

トップ画像はランダム表示になっておりますので、
見れなかった場合はすみません(つД`)

     さらさら
 
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://lazylady.blog8.fc2.com/tb.php/356-62dc5db5

コメント


なつかしいね~
みんな駆け出しだった頃。
お金もLVもなかったけど希望に満ち溢れていた
あの頃ってやつで。
今はLVもお金も増えてあの頃とは見えるものが
違うかもしれないけど気持ちは同じでありたいもの
お互いがんばろうねえ~

昔か…そういえば、本当に初期のころはキーボードすら買ってなくて、『PT組みませんか?』に返答出来なくて、苦い思いをしたことがあったなぁ…。
ああ、戦士レベル12でバスからウィンへ大冒険して、初めての船出でシーモンクに絡まれて逝ったこともあったなぁ、しかもHPが何故かセルビナではなく、バルクルムだったなw
あー、やべぇ。一度思い出すと色んなことが思い出せるな…やべぇもう歳か(;´ρ`)
今はすごい便利になったけど、昔は昔で新鮮なことが沢山あって、楽しかったなぁ。まあ、今は今で楽しいけどw
親しい人がいるからこそ楽しいってのもあるんだろうなぁ。というわけで、これからもよろしゅうね(*´Д`*)ノ

ウィンからフレのいるバスへ、船旅に感動したり
大羊にビクビクしながら行った事思い出すなぁw
LSみんなでジュノ目指したり、一人で意味も無く4国間を放浪してました(*'-')
あの頃は、ちゃんと冒険者してた気がする・・・
今はあんまり冒険してないような(´Д`;)

はじめまして、チョコチョコ見させて頂いてます

懐かしいですね、あの頃。
毎日わくわくして、ヴァナにインしてましたw
当時はサーチコメントもなく、PT組んでるとサーチに青く色がつく機能なんてなかったですねw
みんな名前は真っ白で誰がPT組んでるかなんて解らなかったんで、ひたすらテルして聞いてた記憶があります。
いろいろ不便だったけど、楽しかったなあw

■teoさん
お金もLVもなかった時代のお話。
合成やってる人も少なくて競売とかスッカスカだったもんねw
あの頃、獣人の落とすギルや装備を店売りしてお金ためてたのを思い出すなあ。
今では目線がぐっと上がっちゃって、視界は開けたけれど
その目には何も映ってなかったりしますねえ。
でも、気持ちは同じでありたいもの。同感です。

■ダビさん
私もキーボード持ってなくって画面に表示されるキーボードだけでやってたんですよ~
操作できなくて上手く返事を返せなかったりして慌てた覚えがありますw
LV12でバス⇒ウィンって大冒険ですね。
私は最初に行った国がジュノだったので、サンドやウィンに行ったのはチョコボ免許を取ってからでした(´Д`;)ヾ
船にはいろいろと思い出があって、乗ると高確率で海賊に襲われたものでした・・・。
倒せるLVじゃないので船倉で震えてましたけどw
どんな仲間と冒険するかで楽しさがぐっと違ってきますよね。
今でも充実してますが、昔のことをふと思い出しちゃうのは
やっぱり年をとったせい?w 
こちらこそよろしくお願いしますねー^^

■Zeroさん
Zeroさんはウィン生まれだったのですね~♪
ウィンからバスとは長旅ですねw
コンシュやラテーヌの大羊には震え上がったものですよね。
ミッションとかも大変でLSでわあわあ言いながら進めた記憶がw
何をするにも冒険だったのですが、LVが上がるにつれ
それが薄れてしまいましたよね。
最近じゃ意味もなく放浪するなんて、心が塞ぎこんでる時くらいになってしまいましたよw

■もんちっちさん
はじめまして~ こんにちは^^
ここへ何度も足を運んで下さってるなんてうれしいです。ありがとうございますー!
そうそう、ログインするのが待ち遠しい時期ってありましたよねー♪
サーチコメントが実装されたのは発売からかなり後のことで、
それまでは何を目的に希望を出してるかわかりづらいことがありましたよね。

あ~~ あの当時、誰がPTを組んでるかわかんなかったから
手っ取り早く希望者をシャウトで集めてたのか!!
今ようやくわかりましたよw ありがとうございますっ
不便なことも多かったけど、それも思い出ですよねw
今では笑い話のひとつになってしまいました(=´∇`=)

おお~懐かしいな~w
ほたしはPC版が出てから始めたので、
本当の初期を実は知らないと思うのですが、
それでもジュノへの旅とかはよく覚えてますよw
南グスタでミミズやってカニやって。
コンシュで初めてPT組んで羊やって。
砂丘の洞窟のコウモリに殺されて。
そこで知り合った人とサンド行って。
再び砂丘でLVあげて。
そしてジュノへと連れて行ってもらったものでした。
懐かしいな(´∀`)

■るなさん
おー るなさんはPC版からの参入でしたっけ。
でも一連の流れは同じですよね^^
やっぱり所属国からジュノへ行くまでが一番熱かったかな~
私は今でもコロロカよりも砂丘が好きだったりしますw
夜の海岸でボギーにびくびくしながら蟹や魚を食べたのはいい思い出ですよ(ノ∀`)

全てが輝いてたね~
始めてまもなくフレもいなかったあの頃、Lv12でバス~ウィン歩いたのを思い出しましたよw船あるって知らなくて5時間以上歩いたのはナイショですがww

懐かしいですね(´ー`)
最初の頃は全くわからず話せなかったのを思い出します
ソロ時間が長いのは今も昔も変わらないですが(;´ρ`)

自分が困ったのを覚えているので困った人を見ると
ほっとけないのもあるのでしょうね
誰かの助けになりたい気持ちをこれからも忘れずに、
自分のペースで楽しめたらいいな~っと思いまする

急に寒くなったりしますので体調を崩されませんように~

初めてジュノに付いときは感動して うっかりチョコボ免許取らないでバスに戻りテンさんに護衛してもらいながら又ジュノに行ったのは良い思い出?です(^o^)v-~~~ あと、初めてのパーティーも覚えてるもんだねぇ。あの頃が懐かしいよ

■マルボロさん
そうそう、1人バスに下り立ったけれど、最初は戸惑うばかりでしたよ。
バスからウィンまで徒歩とはすごいねw
5時間以上もかかっちゃうとは(´Д`;)ヾ
今ならチョコボや飛空艇でサクッと行けちゃうけど
初めて目にするものばかりでワクワクな旅だったんでしょうねえ(*´Д`*)

■凹みネコさん
最初は会話の仕方もわからずウロウロしてました。
タイピングは得意な方なんですが、どっちかに集中しちゃうタイプなもので、
キーボードとコントローラーを操作することに混乱してましたw

私も基本的にお節介な性格なので、人のことばかり気になってしまうんですよ。
最近はログインが減りましたが、都合がつく限りお手伝いには快く駆けつけたいな~と思ってます。
最近は寒かったり暖かかったりで気温の変化が激しいですよね。
こういう時必ず風邪を引いてしまうので、予防を心がけております。 ネコさんも気をつけてね~^^

■ぽなさん
なつかしー話しだねw
ダングルフの涸れ谷で白・戦のお二人を拾った時のことはよく覚えてるよー!
その後一緒にグスゲン鉱山で骨を狩った時のこともねw
戦黒黒白の4人だったねえw あの時組んだAさんとZさんはまだヴァナにいるのかなあ。思えばあれから随分と時が流れたものだよね(=´ω`=)

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントする


管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。